トップページ > 口の渇きが目立ち始めたら糖尿病を疑え?

口の渇きが目立ち始めたら糖尿病を疑え?

糖尿病になり、さらに高血糖の状態が続くと、口渇、つまり喉が乾きやすくなるという症状が出ます。口渇が起こる原因は、糖の代謝異常にあります。糖の代謝が異常になるとその分だけエネルギーへの変換率が低下するため、糖が尿に混ざりやすくなります。

 

そのとき、尿中の糖濃度を下げようとして、どんどん水分が尿となって排出されてしまうのです。これが口渇の原因です。さらに、糖からエネルギーを得ることができなくなるため、身体は脂肪からエネルギーを吸収しようとします。そのため、体重が減少したり栄養不足になったりするということが、ひとつの症状として現れます。

 

「口渇になったときの対処法」

 

糖尿病において口渇になるということは、血糖のコントロールが正しくできていないということでもあります。しかし、口渇が起きたからと言ってそのまま水分を大量に摂取し続けてしまうと、尿としての排出にエネルギーを消費する一方で、体内にはエネルギーが取りこまれませんから、身体はだんだんと衰弱していき、その結果、合併症を引き起こす危険性が出てきます。

 

口渇になった場合には、もちろん水分を摂取することは重要ですが、それと併せて血糖のコントロールをよく意識してあげることが重要となるのです。