トップページ > 糖尿病のための運動療法はどれくらいの効果を発揮するのか

糖尿病のための運動療法はどれくらいの効果を発揮するのか

糖尿病になった場合、食事療法と並行して運動療法を行うことになります。どちらともに糖尿病療法においては基本となる方法です。運動療法では肥満の解消だけでなく脂質代謝を改善したりインスリンの効果を高めたりするような、色々な効果を得ることができます。

 

「肥満の解消は糖尿病改善に役立つ」

 

運動療法を行うことで第一に得られる効果は、「肥満の解消」です。日本人の糖尿病患者の多くは、2型糖尿病患っていますが、これの最大の原因となっているのが肥満なのです。

 

肥満は食べ過ぎと運動不足によって生じるひとつの症状ですから、糖尿病での食事療法におけるエネルギー管理と運動療法によるエネルギー消費が合わされば、肥満は自然と解消され、糖尿病の改善に際して良い効果が期待できるようになります。

 

「運動療法による効果」

 

とは言え、太っていなければ運動療法をしなくてもいいのかと言うと、そういうわけではありません。運動療法には肥満改善以外にも様々な効果をもたらしてくれます。どのような効果が期待できるのかを見ていきましょう。

 

@ブドウ糖の利用量が増え、血糖値の低下につながる

 

運動を行うことによってエネルギーが筋肉で消費されるようになります。その際に、ブドウ糖が筋肉へと取りこまれます。この際に、健康体であれば肝臓からグリコーゲンが分泌されるため血糖値に変化は出ません。しかし、糖尿病の方の場合だとブドウ糖の筋肉への吸収速度が速くなるため、血糖値が下がってしまいます。これを運動による急性効果と言います。

 

Aインスリン受容体の活性に伴い、インスリンの効果が高まる

 

運動をすることで、インスリン抵抗性のある患者の方でも、インスリン受容体が増えたり受容体の活性化が高まったりするため、細胞内におけるインスリン作用が高まり、血糖値の低下が期待できるようになります。

 

B脂質代謝の改善と、動脈硬化の予防

 

運動をする際には、脂質もエネルギー源として使用されます。それにより血中の中性脂肪が減少し、動脈硬化の予防効果が期待できます。また、運動をすることで動脈硬化が防ぐ働きを持つ善玉コレステロールが増加するため、この点からも素の予防に結びつくことが言えます。

 

C筋肉の増加、基礎代謝の向上

 

人体において、エネルギーの消費率が最大となる組織は筋肉です。そのため、筋肉が増えるとその分だけ脂肪が燃焼されやすくなります。これがいわゆる基礎代謝の向上です。他にも、血液の循環が良くなったり、心肺機能が高まったり、体力がついたり、ストレスの解消になったりと、糖尿病だけに留まらず、日常生活の観点からも良い効果が期待できるのです。

 

「食事療法もおろそかにしない」

 

しかし、運動をしているからと言ってその分たくさん食べても良いわけでは無いという点には注意してください。カロリーというのは摂取することは簡単でも燃焼して減らすにはある程度の負荷が必要となります。

 

例えばですが、ハンバーガーl個(約320〜400kcal)はすぐに平らげられる程度の量しかありませんが、このカロリーをすべて消費しようとすると、少なくともジョギング40分か、散歩2時間以上をこなさなくてはなりません。

 

運動でエネルギーを消費するという行為は、私たちが思っている以上に苦労を強いるのです。そのため、運動療法をしているからと言って食事制限を緩めてしまうと、むしろ運動をしていることが裏目に出る結果に繋がる可能性もあります。運動療法も食事療法も、バランスよく取り組んでいくことが大切です。