トップページ > 糖尿病が原因となる合併症とは?

糖尿病が原因となる合併症とは?

糖尿病は様々な合併症を引き起こす病気でもあります。以下が、糖尿病の合併症としてあげられる主な病気です。

 

・糖尿病網膜症
・糖尿病腎症
・糖尿病神経障害
・脳卒中
・心筋梗塞

 

糖尿病網膜症は、眼球内で発生する障害の1つです。多くの場合、物がぼやける、夜間になると物が見えなくなる、といった症状が現れます。最悪のケースとしては、失明に発展することもあります。

 

糖尿病腎症は、糖尿病による腎臓障害です。一般的によく見られる症状としては、食欲や集中力の低下、嘔吐、吐き気、倦怠感、むくみといったものがあげられます。透析を必要とするほど症状が悪化する場合もあるため、経過には十分な注意を払ってください。

 

糖尿病神経障害は、糖尿病を原因として、何らかの障害が神経に引き起こされている状態のことです。足先が痺れる、めまい、動悸、食欲の低下、下痢、便秘といった症状が見られます。

 

脳卒中と心筋梗塞は、糖尿病を原因とする動脈硬化によって引き起こされる可能性のある症状です。
動脈硬化の状態が続くと、脳や心臓といった重要な部位の血管が詰まり、やがては破れてしまったりします。これらの血管に異常が起こった場合、脳卒中や心筋梗塞といった深刻なダメージをもたらす病気が発生してしまうのです。